スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

築地移転予算成立へ=都議会民主が修正案見送り(時事通信)

 東京都の築地市場(中央区)移転計画をめぐり、都議会最大会派の民主党は27日、都の新年度予算案から豊洲新市場予定地(江東区)の用地取得費を削除した修正案の提出を見送り、都の予算案に賛成することを決めた。石原慎太郎知事が同日午後の予算特別委員会で、同党が求める市場の現在地再整備について「議会の検討を真摯(しんし)に受け止める」などと譲歩案を示し、これを受け入れた。都の予算案は30日の本会議で原案通り可決、成立する見通しとなった。
 昨夏の都議選で移転反対をマニフェスト(政権公約)に掲げて躍進した同党は、移転予定地の土壌汚染を理由に移転計画を中断に追い込むため、都の予算案から用地取得費1260億円を削除する修正案を24日に公表していた。しかし、修正案が提出された場合、石原知事が審議のやり直しを求める「再議権」を行使することを示唆。同党内にも「都政を混乱させるべきでない」との慎重論が広がり、都側や知事与党の自民、公明両党と水面下で調整を進めていた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

建設中モノレール駅から出火=500平方メートル焼く-羽田空港(時事通信)
<アートナイト>一夜限り 街は美術館 東京・六本木(毎日新聞)
雇用保険法改正案、衆院通過(時事通信)
大阪府警が誤認逮捕=「わいせつ未遂」にアリバイ-無職男性、8日後釈放(時事通信)
<平野官房長官>中井国家公安委員長を口頭で厳重注意(毎日新聞)
スポンサーサイト

「厳正に対処したい」=職員逮捕で警視庁(時事通信)

 電車内で痴漢行為をしたとして警視庁蔵前署警務課長代理の斉藤順一容疑者(58)が逮捕された事件で、同庁の桜沢健一警務部参事官は26日、「誠に遺憾。捜査結果を待って厳正に対処したい」とのコメントを出した。 

【関連ニュース】
警視庁職員を逮捕=女性教諭に痴漢容疑
盗撮の高検検事に罰金50万円=「過去に3回やった」
盗撮で罰金の警視、停職6カ月=退職金は支給
盗撮の自衛官を現行犯逮捕=駅エスカレーターで
電車内で痴漢、京大生逮捕=女子学生の太もも触る

<首都高速道路>平日昼間の割引3月末で廃止 阪神高速も(毎日新聞)
九州北部に強風被害、北九州市で1人死亡(読売新聞)
<障害者雇用>法定雇用率を大幅に下回った7社を公表(毎日新聞)
普天間移設「われわれは楽観的」 米軍高官、現行案履行に言及(産経新聞)
「車中泊」で節約旅、シルバー世代に広がる(読売新聞)

<長野夫婦殺害>被告に無期懲役の判決 長野地裁上田支部(毎日新聞)

 隣人夫婦を殺害して居宅に放火したとして、殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた長野県上田市上丸子の元会社員、樋口邦雄被告(46)に対し、長野地裁上田支部(川口泰司裁判長)は26日、「動機は短絡的で、残忍で執拗(しつよう)な犯行だ」として、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。

 判決は、被害者側が路地に車の通行を妨害するような石や支柱を置いたことなどに、被告が激高して犯行に及んだと認定。その上で「被告にも種々の行き過ぎた対応があった。殺害という方法で憤まんを解消することは正当化できない」などと指摘した。

 判決によると、樋口被告は08年11月21日朝、隣人の唐木博美さん(当時75歳)を車ではねるなどして殺害。自宅にいた夫一男さん(同82歳)の首をつえで圧迫して殺害し、家に火をつけた。【光田宗義】

【関連ニュース】
上田の3人死傷:被告を放火罪で追起訴 /長野

離党の鳩山邦夫氏「自民と共闘、十二分にある」(読売新聞)
厚労省医政局「邪魔なら解体」=先端医療に無責任と批判-仙谷担当相(時事通信)
給与未払い、阿久根市の敗訴確定…控訴せず(読売新聞)
一票の格差「違憲」=衆院定数訴訟で7例目判決-名古屋高裁(時事通信)
岡田外相がハイチ訪問=大統領に積極支援伝える(時事通信)

岡崎城の東隅櫓が完成=愛知〔地域〕(時事通信)

 徳川家康の生誕地として知られる愛知県岡崎市の岡崎公園に、東隅櫓(ひがしすみやぐら)が復元された。岡崎城一帯は岡崎公園として整備されている。
 櫓は、平時に弓矢の武器庫として、有事には城壁に近づく敵を迎え撃つために使われた。今回復元されたのは、梁(はり)や柱に松やヒノキを用いた木造望楼式二重櫓で、広さは約62平方メートル。
 詳細な図面が残っていないため、松山城の野原櫓などの形状を参考に、塀を含め約1億円を掛け建設した。27日から観光客用のトイレと休憩所としても一般に公開される。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕「おやきを食す日」制定=長野
〔地域の情報〕拉致市川さん父「110歳まで生きる」=鹿児島
〔地域の情報〕区営リゾートホテルをリニューアル=東京都江戸川区
〔地域の情報〕珍品種に「容保桜」と命名=京都

普天間問題、未決着なら継続使用 米海兵隊司令官(産経新聞)
タクシー乗務距離制限、取り消し求めMK提訴(読売新聞)
プリウス事故「ブレーキ不具合なし」と千葉県警(読売新聞)
厚労省元局長の関与「記憶ない」=元室長補佐が供述否定-大阪地裁(時事通信)
公約作り、週内に始動=首脳会議を定例化-政府・民主(時事通信)

ホリプロ元契約社員逮捕=芸能人ブログ不正侵入容疑-445人分のIDなど流出(時事通信)

 インターネット広告会社「サイバーエージェント」(東京都渋谷区)が運営するブログサイト「アメーバ」のIDとパスワードを入手し、登録する芸能人4人のブログに不正に侵入したとして、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは17日までに、不正アクセス禁止法違反容疑で、大手芸能プロダクション「ホリプロ」の元契約社員岡田邦彦容疑者(30)=埼玉県戸田市=を逮捕した。
 同センターによると、同容疑者は容疑を認めている。ブログに不正侵入した上、芸能人445人分のIDとパスワードが記載されたリストを閲覧できるように改ざんしたという。
 逮捕容疑は昨年12月31日、タレント藤本美貴さんら4人のブログに、5回にわたり、入手した4人のIDなどで不正に侵入した疑い。
 同センターによると、リストはサイバー社の内部文書で、社員が仕事上付き合いのあった同容疑者に誤ってメールした。 

【関連ニュース】
小糸工業が役員処分=航空機座席の耐火試験ねつ造で
債務超過状態で購入勧誘=帳簿改ざん、運転資金に充当
A380型機受け取り遅延=小糸工業問題で
航空機座席の検査記録ねつ造=世界32社で使用
「仕事評価されず恨み」=勤務先データ2万件削除

大阪市立斎場で職員の半数が「心付け」受領(産経新聞)
DNA解読、高速化に道=電流で塩基識別-大阪大(時事通信)
<掘り出しニュース>不審者見逃さないワン “かわいすぎる”お巡りさん、人気(毎日新聞)
能古島切断遺体 尻に複数のあざ 他の部位を捜索(毎日新聞)
<喜多方ラーメン>商標登録ダメ 店主らが知財高裁に提訴(毎日新聞)

<訃報>勝呂忠さん83歳=洋画家(毎日新聞)

 勝呂忠さん83歳(すぐろ・ただし=洋画家)15日、間質性肺炎のため死去。葬儀は19日午前11時、神奈川県鎌倉市御成町3の5のカドキホール。喪主は妻伸子(のぶこ)さん。

 「ハヤカワ・ポケット・ミステリ・シリーズ」の装丁を長く手がけた。著書に「近代美術の変遷史料」など。

<郵便不正>局長の部下が出廷 「記憶にない」と証言(毎日新聞)
<訃報>小沢惇さん71歳=小沢音楽事務所会長(毎日新聞)
彬子さま、今月米ご出張へ(産経新聞)
<名鉄三河線>トラックが架線切り停電 一時不通(毎日新聞)
「邦夫の乱」いばらの道 与謝野、舛添氏、連携を否定(産経新聞)

<三笠宮さま>白内障で入院 17日に手術(毎日新聞)

 宮内庁は16日、三笠宮さま(94)が白内障の手術を受けるために聖路加国際病院(東京都中央区)に入院したと発表した。17日に手術を受け、18日に退院する予定。

<国内空港>甘い需要予測…9割で利用実績が下回る(毎日新聞)
<高校無償化>衆院本会議で法案可決 4月実施へ(毎日新聞)
奈良のシカ、腹部に矢 文化財保護法違反容疑で捜査(産経新聞)
<小野竹喬展>記念の俳句コン入賞者決まる(毎日新聞)
<火災>1人暮らし69歳?死亡 兵庫・宝塚(毎日新聞)

<中央市長選>田中久雄氏が無投票で再選 山梨(毎日新聞)

 中央市長(山梨県)田中久雄氏(62)=無現=が無投票で再選。

「フワリ」感触、沈む地面…大阪城公園の陥没穴、目撃者が証言(産経新聞)
温暖化基本法案で詰めの協議=閣僚委を開催(時事通信)
<訃報>堀木博さん95歳=元日本トランスシティ社長・会長(毎日新聞)
水族館で初!55年で5555万5555人(読売新聞)
<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)

「のぞみ」異臭・白煙1時間…床下で大きな音(読売新聞)

 走行中の山陽新幹線の車内に白煙が立ち込め、異臭が漂った。

 3日夜、博多発東京行き「のぞみ56号」で起きた車両トラブル。乗客らは、運行を取りやめた新神戸駅で、不安に駆られながら過ごした車内の様子を生々しく語った。

 午後6時25分、のぞみ56号は出張帰りのサラリーマンや観光客らを乗せ、博多駅を出発。途中、小倉、新山口駅に停車し、7時33分に広島駅を出た。

 12号車の乗客が異状に気付いたのは、この頃だ。大阪府豊中市の会社員男性(45)は、同駅到着前に異臭を感じ、「モーター辺りから『カコン、カコン』という異音を聞いた」という。兵庫県尼崎市の男性会社員(34)も「広島辺りから焦げ臭いにおいがした」と話す。名古屋市の男性会社員(24)は「花火の後のようなにおい」と例えた。

 8時29分、姫路駅発。この頃にも異音を聞いた乗客がおり、千葉県の男性会社員は「姫路を過ぎた辺りで、床下の方から『ガチャン』という大きな音がし、故障かと思った」と振り返る。尼崎市の男性会社員は「この頃、煙が車内に立ちこめてきた」と説明する。名古屋市の会社員・水野勝成さん(30)は「おかしい」と思い、前の車両に移動。東京都の会社員大年陵真さん(21)は「姫路駅から乗り込んだ時、車内の一部では喫煙所のように煙が立っていた」と証言した。

 8時46分、新神戸駅に到着。12号車の乗客は11、13号車に避難し、ホームにも乗客十数人が降りて携帯電話で家族に連絡するなどした。三重県松阪市の会社員男性(53)は「宿を探さないといけない。出張帰りで、早く体を休めたい」と疲れ切った様子。乗客の多くは、東京行き「のぞみ58号」に乗り換えた。

          ◇

 のぞみ56号は4日午前0時16分、新大阪駅に到着。約10人が線路に下り、12号車の破損状況などを調べた。終了次第、鳥飼車両基地(大阪府摂津市)に回送して修理するという。

 大阪市北区のJR西日本本社では、車両部などに所属する社員が出勤し、深夜まで情報収集にあたった。

学習院が会見「直接暴力行為はなかった」(産経新聞)
<生ごみ>石炭並みの熱量燃料に 静岡大グループ開発(毎日新聞)
ホッキョクグマ 双子の父、古巣・札幌へ(毎日新聞)
海老蔵さん・麻央さん 婚姻届を提出(毎日新聞)
【おいしい日本】的矢産カキ 店 レストラン艸葉(くさば)(大阪市中央区)(産経新聞)

<臓器提供施設>小児専門の28施設を追加へ 厚労省研究班(毎日新聞)

 改正臓器移植法の7月全面施行に伴い可能となる小児からの臓器提供で、厚生労働省の研究班(貫井英明・山梨大名誉教授)は8日、臓器提供施設に小児医療専門の28施設を追加する案を、厚労省の臓器移植委員会に報告した。厚労省は6月ごろにまとめる同法の運用指針で決定する方針。

 現在、脳死で臓器提供できる施設は、大学病院や救命救急センターなど全国474施設。研究班は提供施設を新たに検討し、「小児の高度救命医療に対応できる体制を整えていると考えられる」などの理由から、高度な小児医療を専門とする日本小児総合医療施設協議会所属の28施設の追加を妥当とした。

 この協議会には、国立成育医療センター(東京)▽大阪府立母子保健総合医療センター(大阪)▽あいち小児保健医療総合センター(愛知)▽静岡県立こども病院(静岡)▽福岡市立こども病院感染症センター(福岡)--などが所属している。【河内敏康】

【関連ニュース】
病気腎移植:臨床研究2例目の手術開始 宇和島徳洲会病院
心臓移植:改正法間に合わず米で手術 寄付呼びかけ
八王子医療センター:生存率、過大に説明 複数の患者らに
八王子医療センター:「不適切治療」公表せず
腎移植:「誤診で摘出」提供者が岡山・備前市を提訴

首相「政治とカネ、今後も説明」…参院予算委(読売新聞)
【from Editor】冷めた後の2人はどこへ(産経新聞)
<津波>警報無視?最大波到達前に住民次々帰宅 群大が調査(毎日新聞)
教員自殺を公務災害認定=新任2カ月、支援不十分-東京(時事通信)
北教組、違法献金事件で支部にかん口令(読売新聞)

貸金業規制、メガバンクは対案を=亀井金融相(時事通信)

 亀井静香金融担当相は5日の閣議後の記者会見で、改正貸金業法を予定通り6月までに完全施行することを改めて表明した。その上で、「メガバンクがダミー(の貸金業者)を使って荒稼ぎをしてきた」と指摘。「(完全施行で)困ると言うなら、小口・緊急な庶民のニーズにメガバンク自身がどう対応していくのか対案を出さないと駄目だ」と述べた。 

【未来予想図 選択的夫婦別姓を問う】(下)戸籍、墓も個人単位(産経新聞)
<中2自殺>「遺書に名」生徒ら提訴 岐阜・瑞浪(毎日新聞)
防災無線一部で放送できず=更新アンテナ取り違え-高知(時事通信)
事故車両の女、覚せい剤容疑で逮捕=運転手は所在不明-山口県警(時事通信)
男性ひき逃げ容疑でタクシー運転手逮捕(産経新聞)

<プルサーマル発電>伊方原発3号機起動へ 国内2例目(毎日新聞)

 国内2例目のプルサーマル発電に向け、四国電力は1日午後、伊方原発3号機(愛媛県伊方町、加圧水型、出力89万キロワット)の原子炉を起動させる。2日朝、核分裂の状態が一定となる「臨界」を迎え、4日に発電を、30日に営業運転を始める。起動は2月下旬の予定だったが、同機で昨年11月に起きた放射能漏れの原因究明のため約1週間遅れた。今年1月に定期検査で運転を停止し2月9~12日にMOX(ウラン・プルトニウム混合酸化物)燃料16体を取り付けていた。

 プルサーマル発電は、使用済みウラン燃料からプルトニウムを抽出して製造するMOX燃料を通常の軽水炉で燃やす発電方式。同じMOX燃料を使う高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)が95年のナトリウム漏れ事故で長期停止中のため、プルトニウム利用の“つなぎ役”から当面の“本命”に浮上した。97年に推進が閣議了解され、電気事業連合会も10年度までに全国16~18基の原発で実施する計画を立てた。

 しかし、東京、関西電力で検査データ改ざんなどが発覚して計画が中断。大きなトラブルのない後発の九州電力が玄海原発3号機(佐賀県玄海町)で昨年11月、全国初のプルサーマル発電を始め、同様に地元との関係が良好な四電が続くことになった。【栗田亨】

【関連ニュース】
プルサーマル計画:福島県知事が受け入れ表明…条件付きで
プルサーマル計画:伊方原発3号機で送電開始へ
四国電力:伊方原発3号機 MOX燃料取り付け作業始める
女川原発:プルサーマル発電の実施、国が許可
核燃料サイクル 見えない先行き/1 日本初 プルサーマル始動

縄文時代のクリ林確認 奈良・観音寺本馬遺跡(産経新聞)
個所付け問題で、鳩山首相が前原国交相を口答注意(産経新聞)
沖縄で震度5弱(時事通信)
五輪複合 3選手育てたスポーツ少年団長…秋田から応援(毎日新聞)
顔や両足に打撲の跡=死亡の4歳男児-埼玉県警(時事通信)

<チリ地震>「阪神以上の揺れ、正直怖かった」日本大使館員(毎日新聞)

 27日未明、南米チリで発生したマグニチュード(M)8.8の大地震。首都サンティアゴにある在チリ日本大使館に単身赴任中の3等書記官、西雅之さんは、就寝中の27日午前3時半過ぎ(現地時間)に強い横揺れを感じて跳び起きた。「ガシャーン」と大きな音をたてて棚の上のテレビが落ち、本や皿も床に散らばった。「阪神大震災の時は大阪府寝屋川市にいた。その時よりも激しい揺れを感じ、正直怖かった」

 数十秒揺れた後、周囲は停電で真っ暗に。暗闇の中、パジャマ姿のまま11階の居室から他の階の住民と一緒に非常階段を駆け下りると、既に十数人が路上に集まり避難していた。辺りを見渡すと壁にひびが入ったり、コンクリートがはがれた建物もあった。西さんはそのまま近くの大使館に出勤。屋根は壊れ、壁の一部にひびができ床には書類や新聞が散乱していた。3~4時間後に電気が復旧すると、テレビには高速道路の高架が倒壊した映像が流れたという。

 他の大使館員や現地スタッフとともに電話などで日本人の安否確認を進めているが、震源地近くのコンセプシオンには電話がつながりにくい状態が続き、難航。「場所によっては混乱しているようだ」と困惑気味に話した。【奥山智己】

【関連ニュース】
【写真特集】南米チリ中部でM8.8の地震
地震:チリでM8.8…死亡82人確認 各地で津波
チリ地震:未明に「すごい揺れ」…相次ぐ建物崩壊、火災
チリ地震:日本人1200人が在住
チリ地震:24時間態勢で情報収集…岩手県

大津波警報で青森県おいらせ町長選延期 一部で3月7日に再投票(産経新聞)
「宙の会」結成1周年=時効撤廃訴え記念集会-東京(時事通信)
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加(医療介護CBニュース)
ゴルフ場で土砂崩れ、作業員生き埋め(読売新聞)
自民党が議院運営委員長解任決議案を提出(産経新聞)

岩手・久慈で最大波90センチを観測(産経新聞)

 気象庁によると、岩手県久慈市にある久慈港で28日午後3時9分、90センチの最大波を観測した。また、千葉県の銚子で同2時21分に40センチ、静岡県下田市の下田港で20センチの第一波を観測するなど、関東地方にも津波が到達し始めた。

【関連記事】
宮城・気仙沼で推定50センチ、各地で続々津波観測
「今回は50年前より小さいが…」 避難住民に甦る記憶
ヨットも沖合に避難「チリ地震津波が教訓」 宮城・石巻
50年前に「九死に一生」経験 88歳の大津波避難民 岩手・大船渡
ストーブで寒さしのぐ避難住民「家屋が心配」 岩手・大船渡

過去事件へ適用「憲法違反でない」=時効撤廃・延長で千葉法相(時事通信)
東大受験生を応援「合格したら1万円」 本郷商店会(産経新聞)
五輪フィギュア チケット価格20倍超 ダフ屋横行(毎日新聞)
病気との認知も低く…女性の尿漏れ、悩まず専門医に相談を(産経新聞)
鳥取はチベット発言「断じて容認しがたい」 自民・石破氏(産経新聞)

指定暴力団稲川会会長が死去(時事通信)

 指定暴力団稲川会の角田吉男4代目会長(77)が23日午後、入院先の東京都内の病院で死去したことが関係者への取材で分かった。病死とみられる。
 角田会長は神奈川県横須賀市出身。2007年12月に死去した稲川角二(通称稲川聖城)総裁の跡を継いで同会の代表者となった。
 稲川会は東京都港区を拠点としている。昨年5月時点で、1都1道19県に約4800人の構成員がおり、山口組、住吉会に次ぐ勢力があるという。 

【関連ニュース】
工事トラブルで住民脅す=容疑で山口組系会長逮捕
山口組総本部を捜索=住吉会系幹部射殺で埼玉県警
振り込めグループ6人逮捕=同様手口の被害2億円
会津小鉄会会長に有罪判決=キャッシュカード詐欺
ビル売却脱税で組長起訴=26億円所得隠し

京浜東北線と山手線外回り、一時運転見合わせ(読売新聞)
<卒業危機>「救済の緊急融資使えない」保護者ら見直し求め(毎日新聞)
鳥取選出・石破氏「チベット発言」に怒る(読売新聞)
裁判員裁判で猶予判決の男が窃盗 知的障害、更生計画準備中(産経新聞)
首相、5月訪中を検討=上海万博開会式出席で(時事通信)

大津波警報 第2~3波で1m急上昇 大船渡市(産経新聞)

 三陸沿岸の岩手県大船渡市の海岸では午後3時半から4時にかけて、津波の第二波、三波が押し寄せ、潮位が約1メートルほど急速に上昇。それまで透き通っていた海中が、巻き上げられた泥などであっという間に濁り、30センチほどの深さも見通せなくなった。近くの埋め立て地では、雨水などを海に流す排水溝から大量の海水が逆流した。

 漁業者の70代男性は「津波が来ると、深い水深まで海水がかき混ぜられ、岩礁などの地形が変わってしまうこともあり、近海漁業では痛手になりやすい」という。海面を見つめながら「早く収まってくれればいいが…」とつぶやいた。

 また、津波の見物に来た若者らが車で海岸付近に近付き、地元の消防団などに高台に避難するよう注意される一幕も。岩手県や大船渡市では、住民に海岸付近に近づかないよう繰り返し呼びかけている。

【関連記事】
岩手・久慈で最大波120センチを観測
津波20センチ観測で一喜一憂 岩手・大船渡
宮城・気仙沼で推定50センチ、各地で続々津波観測
「今回は50年前より小さいが…」 避難住民に甦る記憶
50年前に「九死に一生」経験 88歳の大津波避難民 岩手・大船渡

<暴行容疑>警視庁職員を逮捕 女児抱き上げ(毎日新聞)
車乗り逃げ被害多発 タイヤに金属リング・異音確認のすきに(産経新聞)
タケノコ産地偽装でまた逮捕=京都市の食品会社社長-府警(時事通信)
絵本画家の瀬川康男氏死去(時事通信)
裁判員裁判で猶予判決の男が窃盗 知的障害、更生計画準備中(産経新聞)
プロフィール

ミスターやすおどい

Author:ミスターやすおどい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。